HOME
MG PB / Escort TBCCによせて ( 2015/12/16 up)
今回のTBCCでは再びビンテージでスポーツにエントリーしました。前回の MG NA4のみでは面白くないのでPoket Rocket/MIDGETを走らせようと思い急遽PBの用意を3日前から始め、サーキットのは ふさわしくないタイヤを替えたり、オイル関係のメインテナンスをしたりの作業をしました。元々、ブラウン親子による レストア―ドPBはとても具合良く、エンジン回転はそれが置いてある期間を考慮して4500rpmまで抑えたものの、 まだまだ廻りたがる雰囲気が充分でした。レブリミット入口の5500まで廻せればかなり速く走れそう、次のチャンスには ドライコンディションで…と云ったところです。 NAは私のメカのSが向学のためにドライブ。怖そうな顔をして走っていたものの、本人は結構楽しんでいた様子でした。
Escortは加工上のトラブルも乗り越えて、初のサーキットランでした。TAKEは割と抑えて走っていた(路面もアレですしネ) 様子でしたが、見ていてもかなりポテンシャルが上った様子の走りをしていました。「ロードカーとしての使い勝手を 残しつつ、サーキットである程度の能力を発揮する」という目的にはかなり近づけた様です。見ていて、ダンパーの容量 不足を感じたので何かをしてあげなくちゃ…ですが〜1600Tiもあるし…です。