HOME
420SL  ( 2013/4/11 up)
ATのOHも終え、破れたホースの取替も終えて作業完了です。
オーナーの好みでシフトフィールは強目に、しっかりした印象の仕上がりです。
それにしても凄かったなァ。プラネタリーは固着していたし、バルブにはバフが必要だったし、 B1ガイドは溶けていたし、かなり長い間走ることが出来ちゃったんだなァ〜。


420SL  ( 2013/4/3 up)
「短時間で急に動かなくなった!!」ってことから「もしかしたらAT本体は助かっている」と思って、 念のためにと思ってオイルパンを外したところ残念乍ら焦げていましたねえ。それもかなりひどく…。
これは変速点が徐々に高くなっていき、変速不良になりながら、やがて滑ってきて動かなくなったというパターンですかねぇ。
K1全滅。K2、Lb2やや焼け、B1B2焼け、でプラネタリーまで来てますねぇ。
確かUSEDのプラネタリーが有ったハズだなァ。 捜してみますか〜。


420SL  ( 2013/3/28 up)
ATをOHした時に「新しいから」で見積後の作業除外がたたりホースがパンク !!
本当にこのホースは信頼性が低いですよネ〜


107/420SL ・・・
420SLのご入来。
昨年5月にチェック/作業をさせていただいた項目の内、積み残しになっていた部位の作業です。
フュエルフィルター、ポンプ、タンク/ポンプ廻りのホース、スパークプラグ、インテーク廻りのクリーニングと アジャストメント、それにマウント類の取替、そしてかなりの間取付不良だったと思われるマフラーの修正とブラケットの 加修です。
御引き取り時のKawさんの感想「ん〜っ、こんなに変わるのォ」




HOME