HOME
300CE−24 ( 2013/8/8 up)
5spd.のトランスミッションをOHした300CE-24、ATを外す前に施したエンジンメンテの効果もあり、
1300〜2100rpmもあったアイドル回転も正規に落ち着き、加速感もDOHCならではのものに回復、
「こんなに静かで、よく走る、気持ちのいい車だったんですね〜」の言葉と共に出庫です。


300CE−24 ( 2013/8/1 up)
エンジンの異常がある程度の範囲の作業で納まることが予想できて、ATの取外しにかかりました。 まァ、年代相応の不具合といったところです。 焼けたり燃えたりのレベルではないので、マアマア安心と云ったところですかねェ。
ところで、最近は少なくなった様子ですが、このレベルのOHで真面目にOHパーツを拾っていくと 純正パーツでおよそ260,000円、15%位のレスがあったとしても25−30万円位のOHって どの様に済ませていたのですかねェ。社外部品使用なのでしょうねェ。 もっとも、「OH後の不良」で持ち込まれたもので、外してチェックしたら、 明らかに前半分しか作業した痕がなかった何てのもありましたがねェ。ま、少数なのでしょうが。


300CE−24 ( 2013/7/25 up)
重症の部分と、ホッ≠ニしたところとない混ぜですネ !!
オーナーはかなり長くお持ちですが、過去の修理歴をあまりご存知なかったり !!
内容をお打ち合わせの上に作業を開始することに…


300CE−24 ご入来 ( 2013/7/17 up)
初のご入来の300CE−24。
ATのトラブルで定番の「Rのタイムラグが…」と云うことですが同乗のライドテストをしてみますと、 結構なトラブルが山盛り… !!
料理の方法を良く考えないとなァ、というところですねェ。