HOME
TR-3A ( 2014/12/6 up)
移転登録を終えたTR。いよいよご納車となりました。
立派な車庫が用意されていて”ビックリ”
隣に居るALPINAとTR-3A、ん〜なかなか良い組み合わせですよねェ


TR-3 ( 2014/11/27 up)
登録書類待ちと相成った TR-3。超然として佇んでいます。この様に見えるのも伝統的なスタイル の為せる技でしょうか。置いてある時間が長いと、つい自分のものの様な気がしてきて細かいとこ ろを造ったり、替えたり…したくなります。も〜早目に登録する必要がありです。


TR-3A ( 2014/11/21 up)
車検を終えてAutomeicスタンダードにするための作業も詰めに入り、御希望のオプションも
ほぼ完了したTR-3A。いよいよ、登録・ご納車の準備です。テストライドを何回も重ねていますと
このトラディショナルなスタイルや走りに改めてホレ直してしまいます。


TR-3A ( 2014/11/13 up)
テストライドを終えたTR-3A。都内のファンから早速ご連絡をいただき、乗っていただけることに。
いくつかの追加作業のご指示もいただき、まずは車検整備からスタート及び部品発注のための
チェックです。


TR-3A ( 2014/10/30 up)
入荷時のチェックを終えて、アジャストメントをし直して、いよいよテストライドです。
このオールドレストレーションと思しきTR-3A。ホイールも4本は新品、1本はリペアですし、
エンジンは、ハイコンプピストンではないものの、カムシャフトはFast Road でした。
ブレーキはラインで替えてあります。走ってみますと思いと違わずビックリする位に良い走り!!
一度ナンバーを切って置いておく予定でしたが、車検を継続して煮詰めていくことを考えたくなる様な コンディションです。


TR-3A ( 2014/10/21 up)
1959年のTR3Aの入荷です。
このTR-3Aは以前からチャンスがあればと思っていましたがELVAとの入替での入荷となりました。
TR3Aは965s100HP110MPH以上0-400 18秒以下という正にTRの称号にふさわしい車両です。
この車両はかわいらしいスモールマウスに変更してあります。外観、メカニカルともに極上で
エンジン、キャブレター、ブレーキシステムはOH済みの様子で、ウエザーエクイプメント、トリムは新品同様です。また、ペイントも極く 最近のリスプレイです。これからオートメディックスタンダードにして走る日を待ちます。